結婚式準備室

結婚式準備室

友人の結婚式電報の宛名や差出人の書き方と内容はどうする?

読了までの目安時間:約 7分

 

友人の新婦への電報

友人が結婚することになったけど親族のみの結婚式なので参加できないとなると残念ですね…。

 

その事情はしょうがないと思えるけど、せめて電報を送りたいですよね。

 

今回は友人への電報の書き方について紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク



友人の結婚式の電報 宛名はどうする?

受け取られる方の宛名は両家のお父様に送るか、それとも新郎新婦に送ればいいのか悩みますよね。

 

電報を両家のお父様に送る場合というのは、招待状がお父様の名前で来ていてさらに

    • ビジネス関係(政治家や土建業など)
    • 親族の場合(本家や分家などある場合)

 

これらの場合となります。
お父様が名士だったり地主だったりのパターンでしょうか。

 

つまり結婚するのが友人・知人なら新郎新婦宛てということになります。

 

あなたは新婦の友人なのですから新郎新婦宛てに送りましょう。

 

 

結婚式の電報の宛名は連名の方がいい?

どちらかしか面識がないという場合、新郎新婦の連名で送るのは疑問を持ちますよね。

 

ですが一般的には新郎への電報の数が新婦より多い方が良いとされています。一家を支えるのは男性という考え方がありますし、日本は女性が男性を立てるのが美徳とされてますよね。そういう意味から新婦側の電報が多くなりすぎるのはどちらかの家の顔をつぶすことにもつながるおそれがあります。

 

特に決まりがあるわけではないので宛名は新郎だけ、新婦だけ、でも大丈夫です。ただ受取人名は連名にできるので、できれば新郎と新婦で、フルネームで打つのがおすすめです。

 

 

結婚式の電報の宛名で新婦の名前は?

宛名の新婦の名前は旧姓がいいのかどうか、ということですね。

 
結婚式は両家で行われるものなので招待状も旧姓で来ていますよね。電報を送る宛名も新婦は旧姓が良いでしょう。

 

ですが入籍後から時間が経っていて招待状も新姓であった場合は新姓で送りましょう。

 

 

結婚式の電報の宛先は式場に

電報は直接、結婚式会場に送りましょう。住所を間違えていないかしっかり確認してくださいね。

 

基本的には

    • 午後から式の場合は当日午前着
    • 午前から式の場合は前日午後着

が望ましいとされています。

スポンサードリンク



 

式場によってはあまり早くに送ると電報を受け付けてくれないことがありますので、一度電話などで結婚式会場に確認をしてから電報をいつ届けるかを決めましょう。

 

 

 

結婚式の電報 差出人の書き方

差出人をどのように書くかということですが、受け取る相手がわかるようにすることが大切です。フルネームですぐにわかる場合はそのまま書きましょう。

 

例えばあなたの名字が変わったけど、いつも下の名前やあだ名で呼ばれているなど相手にピンと来ない場合はフルネームの下に「(旧姓○○)」など付け足しましょう。

 

 

結婚式の電報で差出人が連名の場合は?

複数人で電報を送る際は差出人をどのようにすればいいでしょうか?

 

会社やサークルなど同じグループの場合は

    • ○○社営業部一同
    • ○○サークル一同

など「一同」として送るのがスマートです。

 

ですが友人同士などで送る場合、個人名を並べていいのか考えてしまいますよね。

 

2~3人ならまだしもそれ以上になると名前を読まれるときも大変だと想像できます。電報の中身は読まれなかったとしても、誰から電報が来たかは紹介されます。あまり多い個人名は不自然ですし、司会者も困ります。

 

大勢の場合は代表をひとり立てて「有志代表○○」とし、その横に他の方の名前を書きましょう。
 

 

 

結婚式の電報の内容や注意点とは?

まず最初を新婦の名前にしていいのか、新郎の名前が先が良いのか悩むところですね。

 

これも特に決まりはないのですが、親族の方が気にするようであれば新郎の名前を先にする方が無難です。

 

そして結婚はおめでたいことなので

「おめでとう」
「お幸せに」

などお祝いの言葉を入れましょう。

 

未来への希望なども盛り込むと良いですね。

 

 

結婚式の電報で注意することやタブーなことは?

おめでたい席には使わない方が良いとされる忌み言葉は避けましょう。

 

さらに再婚などを連想させる言葉、同じく重ね言葉も気を付けましょう。

 

現在はあまり気にすることがなくなったとは言われますが、一生に一度の結婚式ですし、できるだけ失礼にあたらないよう配慮することも大切です。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

電報ひとつ送るのも意外と大変ですよね。

 

友人のおめでたい一日を少しでもお祝いできると嬉しいですね。

 

素敵な電報を送ってくださいね。

 

 

 

スポンサードリンク



 

タグ :

欠席マナー 電報   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

TOPへ戻る