結婚式準備室

結婚式準備室

婚姻届の証人を頼まれたけどリスクはない?書き方は難しくない?

読了までの目安時間:約 5分

 

婚姻届の証人のリスク

友達の結婚が決まる事程うれしいことはありませんよね。

 

夫婦となるのに必要な婚姻届についてですが、そこには証人として二人からのサインが必要になるんです。

 

この証人になるのは20歳以上で二人の婚姻の事実を知っていれば誰でも構わないことになっているので、友達に頼むカップルも大勢居ます。

 

ですが初めて頼まれると、色々と心配になりますよね。

 

リスクはないのか?
書き方は難しいのか?

 

そこで今回は、婚姻届の証人に関してご紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク



婚姻届の証人のリスクやデメリットはない?

冒頭で記した通り、婚姻届の提出には夫婦となる本人たち以外に、二人の証人が必要となります。

 

そしてこの証人は20歳以上で二人が結婚する事を知っていれば、誰でも構いません。夫婦となる二人の親だったり、友人だったり、恩師だったりと様々です。

 

そしてこの証人ですが、リスクやデメリットはありません。

 

証人と保証人は全く違います。

 

保証人と聞くとマイナスのイメージがありますが、婚姻届の証人になるという事は、この二人は本当に結婚しますよ、という事を証明する人になるという事です。

 

それ以外で特に責任を追及される事はまずありません。単純に名前や本籍などを書くのが少し面倒なくらいですね。

 

 

婚姻届の証人欄 書き方は難しくない?

婚姻届の証人欄に記入する事項は、署名、生年月日、住所、本籍地です。そして署名した横に捺印をし、欄外には同じ印鑑で捨て印をします。

 

以上を行えば証人欄への記入は完了です。

スポンサードリンク



 

特別難しい事はありません。

 

なお、仕様する印鑑はシャチハタ以外ならなんでもOKです。実印でも認印でも、シャチハタなどのゴム印でなければ大丈夫ですよ。

 

また、万が一間違った記入をしてしまったり、押印をミスしてしまった場合、修正液や修正テープでの訂正は絶対にしてはいけません。

 

婚姻届は公的文書です。

 

間違った箇所に二重線をひいて、欄内の余白に正しく書き直してください。訂正した箇所に訂正印を押す必要は特にありませんが、心配な場合は役所に確認する事をおすすめします。

 

 

婚姻届の証人の捨印は必要?

証人の捨印についてですが、これは必要です。

 

修正箇所への訂正印が必要ないのは、欄外に捨印を押していることが前提になります。

 

結婚する二人が婚姻届を提出する際、証人が立ち会う事はほとんどありません。

 

万が一証人欄に訂正箇所が見つかった場合でも、この捨印が押されていれば手続きはできます。当事者たちに婚姻届が差し戻されることはなく、役所側が訂正する事ができるのです。

 

つまりこの捨印=保証人に変わって役所側が訂正する事を認める、という意思表示になるのです。

 

捨印は大切な役割を持っていますから、忘れずに押印するようにしてくださいね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

人生の節目の中でも特に大切な結婚。

 

その婚姻届の証人になるというのは、なかなか緊張するものですよね。

 

上記を参考に、あまり気負わず、二人を祝福する気持ちだけを持って証人を引き受けてあげてください。

 

 

スポンサードリンク



 

タグ :

手続き   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

TOPへ戻る