結婚式準備室

結婚式準備室

引き出物と引き菓子の相場 上司には?お世話になってる夫婦には?

読了までの目安時間:約 5分

 

引き出物と引菓子の相場

式の打ち合わせや披露宴の準備等忙しくも充実した日々を送っている事と思います。

 

結婚式に欠かせないものといえば引き出物ですが、引き出物の相場はどれくらいなのか、気になりますよね。

 

品数や内容に失礼があってはいけませんし、かなり気を遣う場面です。

 

そこで今回は、会社関係の人や上司への引き出物や引菓子の相場等についてご紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク



結婚式引き出物の金額の相場 上司にはいくらぐらい?

上司への引き出物の相場は5,000円から1万円となっていて、引菓子は相手によらず大体1,000円から2,000円程度が相場です。

 

結婚式に上司をお招きする場合、挨拶や乾杯をお願いしたりする場合も多いですよね。また友人からのご祝儀と比べると上司からは少し高額なご祝儀をいただく場合が多いです。

 

それもを考えると友人や同僚よりも高めの相場になります。上司へのお礼も兼ねるという意味で、友人よりも少し差をつけた引き出物を贈ると丁寧です。

 

 

上司夫婦への引き出物や引菓子の相場は?お世話になってる場合は?

それでは上司が夫婦で参加される場合にはどうすればいいでしょうか?

 

友人が夫婦で出席する場合なら、ご祝儀の相場はほとんどが5万円ですから引き出物を決めやすいですよね。

 

でもお世話になっている上司夫婦からはもしかしたらご祝儀を多めにいただくかもしれません。もしその金額を予想できるのであればそれに合わせるのが良いでしょう。

 

一般的には頂くお祝いの10分の1程度が引き出物の相場になるようです。

 

引菓子はやはり1,000円から2,000円程度で大丈夫です。

 

 

引き出物について上司に数や内容はどうする?

引き出物の風習は地域によってかなり差があります。

スポンサードリンク



 

かつては披露宴で用意された料理の一部を、家族への手土産として持ち帰るものとされていた引き出物ですが、現在ではその意味合いはなくなり、ゲスト全員に渡される記念品という形になってきています。

 

そして最近多く選ばれているのがカタログギフトです。自分達で好きなものを選ぶことが出来るというのが人気の理由のようですね。

 

確かに、新郎新婦が選んだ引き出物が、ゲストの趣味に合うとは限りません。男性向けや女性向け、既婚者向け等様々なタイプのカタログがありますから、ゲストによって贈り分けすることも可能です。

 

上司がしきたりを重んじる方の場合は、引き出物の数にも気をつけましょう。最近はカタログギフトで引き出物を済ませてしまう事が増えてきてはいますが、厳格な上司の場合それは通じません。

 

地域によって差はありますが、例えば友人や同僚にはカタログギフトと引菓子、上司には引き出物をふたつ(もしくは高価な引き出物をひとつ)と引き菓子をひとつつけるなどして贈り分けする事をオススメします。

 

ちなみに引き菓子は、引き出物の数が偶数だと縁起が悪いという考えがあるので、奇数の3つになるように入れるものでした。しかし現在は当然のように入っていますよね。

 

またこの数については両親に確認するなどした方が安心ですね。

 

中身としては少し高めの調味料やタオル、縁起物のセット等も販売されていますから、そちらから吟味してみてください。

 

持ち帰る際には荷物にならないよう、あまりかさばらず、重たすぎないものを選ぶのも心遣いです。

 

ちなみに上司に履物を贈るのは「踏みつけて上に行く」という意味からタブーとされています。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

引き出物一つ挙げてみても、全員分決めるのはなかなか大変そうですね。

 

ですが一生に一度のお祝いの席ですからどうぞ手を抜かず、参考になれば幸いです。

 

良い結婚式になる事をお祈りしています。

 

 

スポンサードリンク



 

タグ :

小物 引き出物・引菓子   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

TOPへ戻る